レントゲン

食事や運動で改善

骨粗鬆症は骨がもろくなり、骨折しやすくなる症状で高齢者や閉経後の女性に多い傾向にあります。予防するためには食事の見直しも大事ですので、カルシウムや吸収を良くするビタミンDはしっかり摂りましょう。骨密度検査を定期的に行うこともおすすめです。

血液

糖尿病を予防する

ヘモグロビンa1cは検査から1、2ヶ月前の血液中の血糖状態がわかる数値です。この数値が高い場合は糖尿病もしくは予備軍の可能性があります。大切なのは食事療法です。栄養補助食品を取り入れる等して効果的に食生活を見直しましょう。

サプリメント

精力アップと健康に最適

マカには健康に良い成分がたくさん含まれており、男女問わず妊活にも利用できる優れた植物です。普通に食べて栄養を補給するのは困難ですが、サプリメント製品やドリンク製品を使えば、毎日マカの栄養を摂取することができます。

婦人

生活習慣病に効果的

レシチンとは、リン脂質を含む製品の総称として呼ばれています。そして、レシチンを摂取することで、高脂血症の改善効果や動脈硬化の予防があります。そして、肝臓の機能を高める効果があります。さらに、アルツハイマー型認知症の予防にも効果があるのです。
レントゲン

骨密度が減少する病気

骨粗鬆症は病気や閉経などが原因で発症します。これを予防するにはカルシウムなどを中心にしたバランスの良い食事を摂ることが大切です。サプリメントなら簡単に摂ることができます。また軽い有酸素運動も血行をよくするので骨の健康に役立ちます。

悪玉コレステロールを低下

栄養剤

肝臓や脳にも作用

レシチンはあらゆる動植物の体内に含まれるリン脂質の一種で、特に細胞膜や脳の重要な成分になっています。水とも油とも馴染みやすいのが特徴で、ひとつひとつの細胞に栄養分を供給し、老廃物を排出させる働きにはレシチンが大きく関与しています。ですからレシチンが不足すると活力が失われ、疲れやすくなったり生活習慣病にかかりやすくなったりすると言われています。余分な体脂肪を溶かして燃焼させるにもレシチンの働きが欠かせません。レシチンは善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らすという研究データがあり、ダイエットのためにも効果的な栄養素と言えます。また肝臓の機能を強化する作用があり、肝炎や肝硬変を予防するとされています。お酒を大量に飲む方は、レシチンを意識的に補給すると良いでしょう。そのほか脳内細胞の情報伝達にも関わっており、記憶力アップや認知症の予防に効果的という研究結果があります。体も心も若く保つために、できるだけ摂取したい栄養素です。レシチンを多く含む食品には、鶏卵・大豆・ウナギなどがあります。サプリメントとしては、大豆レシチンや卵黄レシチンがよく知られています。どちらも性質に違いはありませんが、前者は肝臓を守る効果が高く、後者は認知症予防に効果が高いと言われています。サプリメントは毎日続けることが大切ですが、レシチンのサプリは価格も比較的安価で、利用しやすいことがメリットのひとつです。