効果と人気の理由

婦人

特徴と効果

元々レシチンとは、リン脂質の中の1種類であるホスファチジルコリンの別名でした。しかし、現在は、リン脂質を含む製品の総称のことをいいます。そして、卵黄の中に含まれているものを、卵黄レシチンと呼びます。一方で、大豆の中に含まれているものを、大豆レシチンと呼びます。レシチンの特徴は、まず、水と油を混ぜ合わせる乳化力が強いことがあげられます。そのため、様々な食品などに使われています。そして、保水性が強いため、乳液やクリームなどにも活用されています。さらに、静脈注射用脂肪乳剤や、痔や皮膚病の薬として、医療用としても使われています。大豆レシチンは、コレステロールを含んでいません。そして、摂取することにより、色々な健康維持に効果があるといわれています。そのために、サプリメントとして多く使用され人気があるのです。そして、人気の理由は、レシチンを摂取することにより、血中のコレステロールや中性脂肪を減らすことが出来ます。そのために、高脂血症の改善効果が期待できます。また、コレステロールを減らすことにより、動脈硬化の予防にもなります。そして、レシチンは、細胞膜を活性化させることにより、肝臓の脂質の代謝を促します。そのために、肝臓の機能を高める効果があるのです。さらに、レシチンは、必要不可欠な栄養素であるコリンの供給源でもあります。そして、コリンは、脳内神経伝達物質であるアセチルコリンの原料でもあります。このアセチルコリンが減少することが、アルツハイマー型認知症の原因の1つといわれています。そのために、レシチンの摂取は、アルツハイマー型認知症の予防にも効果があるのです。